【体験談】日本からアメリカ宛の荷物が届かない!私が実際試している4つの対応方法

あなた
日本からアメリカへ送った荷物がなかなか届かない。どうしよう😱

せっかく送った荷物が相手に届かないと不安になりますよね💔

確かにアメリカ宛の郵便は、日本国内の郵便よりトラブルが起きる事が多いです。

ただちょっと待って、まだ諦めないでください。

「なくなった」と結論を出す前に、試して欲しいことが4つあります。

試すことによって、荷物が無事に宛先に届くこともあります!

「アメリカ宛の荷物が届かない」と悩む方の参考になりますように。

アメリカ宛の郵便物、なぜ届かない?

アメリカ宛の荷物が届かないときの原因は3つあります。

  1. 荷物がなくなってしまう
  2. 配送が遅れている
  3. 荷物が返ってきてしまう

個人的な印象としては、アメリカは他の国に比べるとトラブルは少ないです💡

私は仕事柄、47カ国いろんな場所へ荷物を送っていますが、その中でもアメリカの郵便局(USPS)は優秀なほう。

それでも残念ながらトラブルが起こることもあります・・

紛失

配送途中で荷物がなくなってしまうことがあります。

個人的には一度も荷物が無くなったことがありませんが💦(1,000以上の荷物をアメリカへ送っています)

ただ知り合いに聞く話によれば、荷物の紛失も実際あるそう。

高価な物だと盗まれることも・・・🌀

日本国内では考えられない事ですが、紛失・盗難の可能性があります💔

遅延

よく起こるトラブルは荷物が遅れること。

わりと頻繁に起こります💦

例えば私の体験談だと・・

  • EMSで送った荷物。通常5日で届くはずが、1ヶ月かかった
  • SAL便で送った荷物。通常2,3週間で届くはずが、4ヶ月かかった

「なくなったな」と判断してしまうくらい、荷物が遅れることがあります。

返送

送った荷物が日本へ戻ってきてしまうこともあります。

住所不明などの理由から、アメリカの郵便局で保管されたあと日本に返送されてきます。

何度か経験したことがあります😣

荷物が届かない時の対応方法

「送った荷物がなかなか届かない・・おかしいな🌀」というときは、以下の4つのことを試してみて下さい。

  1. 遅延が起こっていないか確認する
  2. 追跡番号を確認する
  3. 受取人に連絡を取ってもらう
  4. 調査請求を出す

❶遅延が起こっていないか確認

荷物の遅れが出ているかは、日本郵便(郵便局)のホームページで確認できます。

日本郵便のサイトの「運行状況」で、遅延について発表されていることがあります👇

「遅いな」と思ったら一度チェックしてみると良いでしょう。

ちなみに「運行情報」で発表されていなくても、アメリカ宛の荷物は頻繁に遅れます。

配送期間の目安は以下のとおり👇

日本郵便で出した荷物の配送期間(目安)

  • EMS・・3〜5日間
  • 航空便・・約1週間
  • SAL・・2、3週間
  • 船便・・2ヶ月前後

※日本から送る場所、宛先によっても変わるので参考までにどうぞ

ですが、遅延が起きると、この目安の期間から1、2ヶ月単位で遅れることもあります。

遅れる理由はさまざま。

  • 寒波や台風などの天候によって
  • クリスマスなどギフトシーズン
  • 新年などのホリデーシーズン

とくに理由が見当たらなくても、遅れる事があります💔

❷追跡番号を確認する

追跡番号がついている荷物の場合、荷物が今どこにあるかチェックできます。

追跡番号がついているのは、EMS・国際eパケット・書留付きで送った物などです。

13桁の番号が伝票に書いてあるはずです。

日本郵便のサイトから追跡してみてください。(EMS以外でも追跡可能です)

ちなみに、追跡番号の反映に時間がかかる場合もあります。

情報がしばらく更新されていなくても、一気に更新されることもあります。

例えばSALで送った荷物が

「日本の関税を出て3週間更新さなれなかったけど、急に配送済みに更新された」・・なんてこともあります💦

もし郵便局のサイトで反映されていなくても、USPSのサイトでは反映されていることもあります。

>>USPS

こちらでもぜひチェックしてみてください。

こんな感じで、USPSの方が早く追跡番号が反映されていることがあります👇

❸受取人に連絡を取ってもらう

可能なら、USPSのサイトURLを受取人にも教えてあげると良いです。

追跡できるだけでなく、アップデートがくるように設定できるのでとっても便利です👇

こちらに登録する事で「届いている事に気づかなくて、日本に返送されてしまった」という事が防げるはず!

また、トラブルのときはカスタマーサービスも利用できます👇

Email Usから問い合わせる事が可能です。

追跡番号がない配送方法で送った荷物も相談できます。

❹調査請求を出す

「やっぱり荷物なくなったかも!」と思うときは、調査請求を提出しましょう。

日本郵便から追跡番号付きの発送方法(EMSや書留付きのSALなど)で送った場合、調査をお願いできます。

調査請求の用紙を郵便局の窓口で提出します。

「荷物が今どこにあるのか」調査してもらう事で、どこかに止まっている荷物も、動く事があります。

万が一なくなってしまった場合も、補償されるので安心です。

詳しい提出方法はこちらの記事をご覧ください👇

【経験談】国際郵便が届かない時の問い合わせ・調査請求について詳しくご紹介

2018.05.18

まとめ

日本からアメリカに送った荷物が届かない場合は、大きく分けて3つの可能性が考えられます。

紛失・遅延・返送です。

経験上、アメリカ宛の荷物は遅延である事が多いです。

  1. 遅延が起こっているか郵便局のサイトを確認する
  2. 追跡番号をもう一度確認する
  3. 受取人にUSPSに連絡してもらう
  4. 日本郵便へ調査請求を依頼する

以上4つのことを試してみてください。

トラブルが解決する事が多いです。

安全に荷物が宛先まで届きますように!

 

こちらの記事も読まれています

▼国際郵便の紛失する確率とは?どれくらいの荷物がなくなったかご紹介します。

【国際郵便の紛失率】海外発送した2000件の荷物のうち、どれ位が紛失したか?

2018.05.19