プロのカメラマン直伝!商品をおしゃれに撮影するコツ【3選】

こんにちは、Risuです。

ウェブショップ運営から派生して、他メーカー様からも商品撮影のお仕事もいただくようになりました。

ウェブショップを始めてから5年。

撮影について全く無知だった頃から独学で学び、かなり知識が増えてきたと感じています。

そこで本文では、オシャレな商品写真を撮るコツをご紹介します。

例えばインスタでオシャレな写真を見て、つい「ポチッとしてしまった」という経験はありませんか?

オシャレな商品写真が撮れれば、売上につながる可能性大!ぜひ参考にしてみてください☺️

商品をオシャレに撮るコツ3つ

  • スタイリングで世界観を伝える
  • オシャレな撮影小物を使う
  • 色のトーンをそろえる

以下、それぞれ詳しくご紹介します。

①スタイリングで世界観を伝える

まず最初にお伝えしたいのが、商品撮影は「ブランドのイメージを伝えることが一番大切」だということです。

いくらオシャレな雰囲気で撮影ができたとしても、ブランドの世界観と全く違うと、お客様を混乱させてしまいます。

例えば、以下の2枚の写真を見てください。

同じ商品でも印象が違って見えませんか?

左側は大人っぽい印象、右側はなんとなくポップな印象を受けます。

この写真は適当にササっと撮っただけなのですが、背景を少し変えただけなのに、商品のイメージも変わっています。

つまり、スタイリングで「商品のイメージを操作する」ことができるんです。

商品写真を通して、ブランドの世界観を伝えることを意識しましょう。

あなたのブランドは、どんなお客様をターゲットにしていますか?年齢は?好みは?どんな人に使って欲しいとイメージしていますか?

写真でブランドの世界観を伝えられます。

ブランドにあった世界観の写真を意識して、スタイリングをしてみてください。

②オシャレな撮影小物を使う

オシャレな撮影小物は、商品の良さをグッとレベルアップさせてくれます。

インスタで人気のアカウントを観察すると、よくわかります。

商品はもちろんオシャレなのですが、一緒に写っている小物もすごくスタイリッシュなんです。

例えば、私はこんな撮影小物を使っています。

これらの小物を使って、例えばこんな写真が撮れます。

オシャレな小物を使うだけで、写真のテクニックがなくてもオシャレな雰囲気に!

実際使っている撮影小物は、Rakuten ROOMにもまとめているので、ぜひチェックしてみてください。

③色のトーンをそろえる

写真のトーンをそろえると、一気にオシャレな雰囲気になります!

例えば、以下の2枚の写真を見てください。

写っているパソコンは同じなのに、左の写真の方がオシャレに見えませんか?

構図は同じ。左は小物をモノトーンでそろえ、右側はいろんな色の小物が写っています。

写真の中にある色を絞っただけで、スタイリッシュな雰囲気になりました!

他にもサンプルとして、以下の写真も「小物の色や雰囲気をそろえること」を意識して撮りました。

こちらはある日の撮影風景。

ブランドの世界観を意識して、白い小物ばかりを集めて撮影しました。

ぜひ色のトーンを揃えて、写真を撮ってみてください。

まとめ・オシャレな商品撮影のコツ

オシャレに商品を撮影するコツはこちら。

  • スタイリングで世界観を伝える
  • オシャレな撮影小物を使う
  • 色のトーンをそろえる

ぜひ、取り入れてみてくださいね。










日本から海外へ

あなたの作品のファンを海外にも増やしませんか?

海外販売を始めるならEtsyがオススメです。

Etsyで売る方法はこちらからどうぞ☺️