③Etsyで出品する方法。販売歴3年目の私が詳しく解説します

こんにちは、Etsy販売歴3年のRisuです。

Etsyのアカウントを作ったらいよいよ商品を出品です。

こちらの記事では、商品を出品するまでの流れをご紹介します。

出品方法の概要をざっくりつかんでみましょう。

 

※Etsyのアカウントをまだ作っていない方は、以下の流れでチェックしてください⬇︎
Etsy登録から発送まで。完全ガイド

アカウント登録・・必要なのはメールアドレスだけ!無料ですぐできます。
  ▼
ショップを開店・・ショップ名など各設定を決めます。
  ▼
出品方法・・商品を出品します。登録料は$0.20米ドル。👈今ココ!
  ▼
発送方法・・発送まで5ステップ。国際郵便も慣れれば簡単!

Etsyで出品するまでの流れ

Etsyで出品するまでの流れは以下のとおり。

①商品写真をアップロード
  ⬇︎
②商品詳細を記入
  ⬇︎
③送料を設定

まずは一つゆっくり設定してみましょう☺

①商品写真をアップロードする

まずは「商品を出品する」をクリックします。

 

 
上から順に埋めていきます。
 
左欄に書かれているアドバイスに従って、商品ページを作っていくと簡単です。
 
まずは写真のアップロード。
 
写真はフルで10枚きっちり載せるのがオススメ💡
 
 
 

②商品詳細を記入する

 次に商品についての詳細を書いていきます。
 

商品名

商品を簡単に一言で表してください。

例)silver cross necklace(シルバーのクロスのネックレス)

お客様が実際検索しそうな単語を書くことで、検索結果の順位が上がります。

商品名の付け方は奥が深いので、詳しくはこちらの記事も合わせてご覧ください。

➡︎【Etsy】販売に繋がる商品名とタグのつけ方

この商品について

誰が作って、これは何か、いつ作られたものなのか埋めていきましょう◎
 
「いつ作りましたか」の欄でオーダーメイド品なのか、最近作ったものなのか、ビンテージ品なのかを伝えます。
 

カテゴリー

最適なカテゴリーを選んでください。

例)あなたの商品が一粒ダイヤのピアス場合。
 
例えば「アクセサリー&ジュエリー>イヤリング>スタッドピアス」となります。
 

メインカラー・その他の色

その商品の主な色と、その他の色を記入します。
 
正確に同じ色がなくても近い色で良いです。
 
例えばあなたの商品が「ターコイズ色」なら「ブルー」です。
 
Etsyではお客様が色で検索できるような仕様になっています。
 
任意の欄ですが記入すると良いです。

年中行事

その商品をいつ使うのか選びます。
 
商品がクリスマスオーナメントなら「クリスマス」を選びます。
 
私はこちらを空欄にすることもあります。任意の欄です。

ライフイベント

その商品を使うイベントを選びます。
 
あなたの商品が結婚式でも使えるようなものなら「ウエディング」を選びます。
 
任意の欄です。

更新オプション

商品ページは4ヶ月間、または売れるまで有効です。
 
更新の仕方を選びます。
 
私はどれが売れなかったかなどを把握したいので、「手動」を選んでいます。

タイプ

あなたの商品がデジタル商品以外は(ダウンロードするだけのPDFや画像以外)「有形」を選びます。

詳細

商品について詳しく説明します。
 
商品名とともに大切なところです!
 
多くのセラーが英語で説明を書いています。
 
英語で書く方法は、以下の記事で詳しくご紹介しています。
 

セクション

あなたのショップのセクションを追加します。
 
例えば「earring」「ring」など、お客様がショップ内を見回りやすいように、セクションを作ります。
 
あなたのショップページの一番左側に表示されます。

 

 

タグ

上限13個でタグをつけましょう。
 
検索結果の順位に関係するので、13個きっかり使いましょう。
 
こちらの記事で、具体的な例などをご紹介しています。
 

素材

商品の素材を書きます。
 
例)sterling silver ・cottonなど。

価格

商品に見合った価格をつけましょう。
 
日本人セラーは円か米ドルのどちらかで設定している方が多いです。
 
私のショップは米ドルで設定しています。
 
補足
ショップで通貨は設定しますが、お客様自身はそれぞれの国に合わせて通貨(ユーロetc)の表示を変えられます。

個数

在庫数を記します。

SKU

こちらは任意です。
 
お客様には表示されません。
 
ショップの在庫管理のために必要なら記入しましょう。

バリエーション

その商品は、複数のカラーや柄が選べますか?
 
商品のバリエーションがある場合はこちらをクリックして、種類を追加することができます。
 
種類によって値段を変えることもできます。
 
バリエーションのない場合は無視してOK。
 

③送料を設定する

次に送料セクションです。

発送元

あなたが日本在住で、商品も国内から発送の場合は、日本を選びます。

発送までにかかる日数

注文が来てから発送までにどれくらいかかるか記入します。
 
business dayは土日や祝日は含まれません。
 
「不明」は選ばない方がいいです。

 

固定送料

送付先が日本(国内)の配送料と、国際便の配送料を記入します💡
 
「追加される商品1個につき」という項目は、商品を1度に2個以上買ってくれた場合の送料。
 
もし合計の送料が安くなれば、商品1個あたりの送料も安く設定します。

 

発送のアップグレード

任意で発送のアップグレードを追加できます。
 
例)デフォルトがSAL便で、アップグレードとしてEMSなど。

送料プロフィールとして保存

この商品ページで作成した送料のプロフィールを保存できます。
 
こちらは他の商品のページを作るときそのまま使えます。
 
 
とても便利な機能なので保存すると良いです!
 
送料の設定は最初むずかしいので、以下の記事で詳しくご紹介しています。
 

手数料を払って公開する

 
記入欄は以上になります。
 
「保存して続行する」をクリックしてください。
 
 
保存前に「プレビュー」でどんなページになるか確認することもできます。
 
また未記入の項目がある場合はエラーが表示されるので、そちらも埋めましょう⭐
 
商品登録には$0.20米ドルかかることに同意すると、商品が公開されます。
 
 
 

まとめ・Etsy販売は難しくない!

以上Etsyで商品を出品する方法をご紹介しました。

最初は項目が多くて大変かと思います💦

けれど一つ出品してしまえば、あとは自然と慣れていきます。

このページを保存して、焦らずゆっくりやってみてくださいね(╹◡╹)

また、Etsyで出店したら最初に設定するべき箇所があります。

詳しくはこちらの記事も合わせてどうぞ。

▼Etsyでショップをオープンしたら設定する13のこと。

Etsy開店後、まず最初にするべき設定13ヶ所をご紹介します【画像あり】

2017.12.16
その他、Etsyのすべての記事はこちらから確認していただけます☺️
➡︎Etsy販売の教科書









日本から海外へ

あなたの作品のファンを海外にも増やしませんか?

海外販売を始めるならEtsyがオススメです。

Etsyで売る方法はこちらからどうぞ☺️