【国際eパケットライトの日数】実際かかった日数を国別にご紹介!

「国際eパケットの日数ってどれくらいなの?」という疑問がありませんか?

そこで本文では、国際eパケットライトで実際かかった日数を国別にご紹介します。

国際eパケットライトはSAL便扱いなので、もしかしたら遅いイメージがあるかもしれません。

けれど想像以上に早く着くことも多いです☺️

  • 国際eパケットを使おうか悩んでいる人
  • 国際eパケットですでに荷物を送った人

ぜひ参考にしてみてくださいね。

国際eパケットライトの特徴

国際eパケットライトは、郵便局の専用ページから事前に登録をすると使えます。

国際eパケットライトの特徴は以下のとおり。

  • SAL便扱いの小形包装物として送られる
  • 国際eパケットよりも安く送ることができる
  • 追跡サービスが使える
  • 内容品への補償制度はない
  • 受取人の郵便受けに配達する(受取人が不在の時も配達OK)

同じようなサービスに国際eパケットがありますが、国際eパケットは航空便扱いになります。

また、国際eパケットには補償制度がありますが、国際eパケットライトにはありません。

その分、配送料金が安くなるイメージですね。

場所によっては、国際eパケットで送るよりも665円も安く送れますよ💡

個人的に国際eパケットライトが良いと思うことは、カナダとオーストラリアも追跡できること。

普通のSAL便(小型包装物)で送ると、日本を出たら追跡できなくなるんですが、eパケットライトだと追跡できています。

すごく便利です!

国際eパケットが送れる国

国際eパケットライトが送れる国は以下のとおり。

(国際eパケットの取り扱い国とは異なるので注意です!)

地帯国・地域
アジアインド、インドネシア、シンガポール、タイ、台湾、大韓民国、中華人民共和国、マカオ、マレーシア、フィリピン、ベトナム、香港、アメリカ合衆国の海外領土(グァム、サイパン、ウェーキ、北マリアナ諸島、ミッドウェイ諸島)
オセアニアオーストラリア、ニュージーランド、アメリカ合衆国の海外領土(米領サモア)
北米・中米アメリカ合衆国および同国の海外領土(プエルト・リコ、米領ヴァージン諸島)、カナダ、メキシコ
中近東イスラエル、トルコ
ヨーロッパアイルランド、イタリア、英国、オーストリア、オランダ、ギリシャ、スイス、スウェーデン、スペイン、デンマーク、ドイツ、ノルウェー、ハンガリー、フィンランド、フランス、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、ロシア
南米・アフリカブラジル

国際eパケットライトの日数目安

日本郵便のサイトでは、国際eパケットライトの日数目安は2週間程度と書いてあります。

「実際はどうなの?」という疑問がある方のために、以下で国際eパケットライトで実際かかった日数をご紹介します。

全て私が送った荷物の追跡情報です。目安として参考にしてみてくださいね☺️

補足
地方から発送しています!

アメリカ

配送日数:18日

カナダ

配送日数:14日

eパケットライト カナダ

オーストラリア

配送日数:8日

香港

配送日数:16日

eパケットライト 香港

台湾

台湾:5日

eパケットライト

マレーシア

配送日数:22日

eパケットライト マレーシア

イタリア

配送日数:10日

eパケットライト イタリア

国際eパケットライトの到着日数は意外に早い

以上、国際eパケットライトの到着日数に付いてご紹介しました。

カナダやオーストラリアなど「意外に早く着くな」という印象です。

もちろんその時の状況によって配送日数は変わりますが、追跡できると安心ですね。

もし「なかなか届かないな」というときは、調査請求を出すこともできます。

詳しい方法は以下の記事でご紹介しています。合わせてどうぞ。

【経験談】国際郵便が届かない時の問い合わせ・調査請求について詳しくご紹介

2018.05.18

少しでも参考になれば嬉しいです。










日本から海外へ

あなたの作品のファンを海外にも増やしませんか?

海外販売を始めるならEtsyがオススメです。

Etsyで売る方法はこちらからどうぞ☺️