Creemaで海外発送したい人必見!おすすめ発送方法3選

creema 海外発送

2016年よりCreema中国版がリリースされました。

日本にいながら、自分の作品を海外に販売できるなんてワクワクしますよね✨

そこでこちらの記事では、Creemaで海外販売をしたい方のために【海外発送方法】をご紹介します。

海外発送歴3年の私が、ハンドメイド作品を送るのに最適な方法を3つ選びました。

合わせて、海外発送で注意したいこともご紹介します。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

Creemaで海外販売をするには販売申請が必要

Creemaでは、申請を出して受かると海外販売をはじめることができます。

>>Creemaで海外販売をはじめる

Creema中国語版は、出品やメッセージのやりとりには自動翻訳機能が対応しているので、安心でスムーズな取引を行えるのが魅力です。

専任スタッフもいて、出品と取引を365日サポートしてくれます。

海外への販売がはじめての方でも挑戦しやすいです。

ただ心配なのが海外発送ですよね。

海外に荷物を送ったことがないと少しハードルが高いです💦

そこで、以下オススメの海外発送方法を3つご紹介します。

Risu
私はEtsyというサイトで3年以上、海外販売をしています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

Creemaで海外発送するならこの方法

Creemaで海外発送するときは、日本郵便(郵便局)の国際郵便を利用しましょう。

全国どんなに小さな郵便局でも、海外へ荷物を送れますよ。

日本郵便の国際郵便を3年以上使っていますが、トラブルも少ないです☺️

国際郵便には種類がいくつかあります。

配送料金を考慮しつつ、商品にあった配送方法を選びましょう。

以下の3つの方法がオススメです。

  • EMS
  • 国際eパケット
  • SAL便(小型包装物)

EMS

EMSは日本郵便で最速のサービスです。

台湾・香港には2、3日で着きますよ。(出す場所や、配送状況によって前後します)

また荷物の追跡も可能です。もし配送中紛失や盗難にあった場合も補償制度があります。

高価な商品はEMSが安心です。

また、海外発送がすごく不安な方もEMSが無難です。

(CreemaのサイトでもEMSがおすすめされています)

こちらの記事でEMSでの送り方を詳しくご紹介しています。合わせてどうぞ☺️

EMS 送り方

【画像】EMSの送り方を丁寧に解説・荷物を安全に送りたい人必見!

国際eパケット

国際eパケットは、EMSより安く送れるサービス。

CreemaのサイトでもEMSと合わせて紹介されています!

追跡・補償制度(6,000円まで)があります。

ただEMSより配送期間は長くなります。目安は1週間。

重さが2kg以下と決まっているので、小さめの商品・軽い商品におすすめです。

アクセサリーや雑貨、小物に最適です。

事前に郵便局の専用ページから登録が必要です。

SAL便(小型包装物)

送料を安く抑えたい場合は、SAL便(小型包装物)

ただし台湾には送れないので、香港のみです!

配送期間の目安は2週間です。

追跡・補償制度はもともと付いていないので、欲しい場合は書留をつけましょう。

安価な商品を送るときにおすすめです。

こちらの記事でSAL便での送り方を詳しくご紹介しています。合わせてどうぞ☺️

海外へ安く、しかも安全に荷物を送る方法は断然●●がオススメ!!

Creemaで海外発送するときに気をつけたいこと

海外に荷物を送るときに気をつけたいことが3つあります。

  • 海外には送れないものがある
  • しっかり梱包する
  • インボイスが必要な場合がある

トラブルを避けるために大切なことです。ぜひチェックしてください。

海外には送れないものがある

海外には何でも送れるというわけではありません。

「禁制品」と言って、法律で販売・所有などが禁止されている品物があります。

せっかく送った荷物も、禁制品だと返送されたり、税関で没収されたりすることがあります💦

例えばドライフラワーを使った商品などは注意が必要です。

詳しくは日本郵便のサイトをチェックしてみてください。

>>台湾・禁制品

>>香港・禁制品

しっかり梱包する

海外に荷物を送るときはしっかり梱包しましょう。

海外宛の荷物は、国内より乱暴に扱われることが多いです💔

プチプチなどのクッション材をしっかり包みましょう。

created by Rinker
カウモール
¥773 (2019/07/17 13:48:44時点 Amazon調べ-詳細)

また、海外への荷物は発送方法によって、送れるサイズ・重量が決まっています。

詳しいサイズは以下の記事でご紹介しています。合わせてどうぞ。

海外発送の荷物の大きさって?国際郵便で使えるダンボール種類別まとめ

インボイスが必要な場合がある

海外へ荷物を送るときは、インボイスという書類が必要になる場合があります。

インボイス・・荷物を送るときに税関への申告、検査などで必要となる書類のこと。

送り先の国や配送方法によって、インボイスが必要かどうかが変わります。

インボイスがいるかどうかは郵便局サイトで確認しましょう。

>>台湾の送達条件

>>香港の送達条件

インボイスの紙は郵便局の窓口か、サイトからダウンロードすることもできます💡

必要な方はこちらからどうぞ。

>>インボイスについて

Creemaで海外販売に挑戦しよう

Creemaでは申請に通ると、海外販売をはじめることができます。

主なお客様は台湾・香港。

日本にいながら海外の方に販売できるのは嬉しいですよね☺️

おすすめ海外発送方法は3つ。

  • EMS
  • 国際eパケット
  • SAL便(小型包装物)

ちなみにCreemaのサイトでは、EMSか国際eパケットを使うことをおすすめしています。

SAL便(小型包装物)は配送料をなるべく抑えたい方にどうぞ!

海外販売、楽しんでくださいね☺️










日本から海外へ

あなたの作品のファンを海外にも増やしませんか?

海外販売を始めるならEtsyがオススメです。

Etsyで売る方法はこちらからどうぞ☺️