知ってる?海外には送れないものがあるってこと【禁制品の調べ方】

海外に送れないモノがあるって知っていますか?💡

実は、何でも海外へ送れるわけではありません。

危険物等の郵送自体が禁止されているもの、国・地域によって制限されているものがあります。

こちらの記事では、海外へ配送できないもの(禁制品)と、その調べ方手順を詳しくご紹介します。

海外へ送れないもの(禁制品)

せっかく送った荷物も、禁制品だと返送されたり、税関で没収されたりすることがあります。

禁制品とは、法律で販売・所有などが禁止されている品物のこと。

以下のものは、関税法で輸出が禁止されています。

  • 麻薬、向精神薬、大麻、あへん、けしがら、覚せい剤
  • 児童ポルノ
  • 特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権、著作隣接権、育成者権を侵害する物品
  • 不正競争防止法第2条第1項第1号から第3号まで又は第10号から第12号までに掲げる行為を組成する物品

税関HPより引用

これらは、どこの国へも送ることはできません。

もしもこれらのものを海外に送った場合、関税法等で処罰されます。

ただ、このあたりは常識的に送ることはないですね・・

特に注意しなくても送る人はいないでしょう。

注意したいのは、以下の2種類。

  • 国、地域によって送れないもの
  • 国際郵便として送れないもの

例えば野菜や、カップラーメン(牛肉)、日本酒。

これらは、送り先の国や地域によって送ることができません。

例えば、スプレー缶、ライター、香水などの航空危険物

これらは、国際郵便において、郵便物の種類(通常郵便物、小包郵便物、EMS郵便物)、輸送モード(航空便、SAL便、船便)に関わらず送ることができません。

海外へ送れないもの(禁制品)の調べ方

海外に荷物を送る前に、送れないものがないか調べましょう。

郵便局のホームページに詳しい禁制品リストがあります。

主要国の禁制品は以下から確認していただけます。

その他の国も、日本郵便局HPで調べることが可能です。

調べ方手順は以下の通り。

まずは日本郵便禁制品のページをチェック。

調べたい国を入力するか、五十音順で調べてください。

例えばイタリアを調べてみます。

下記のページの青丸のところ、禁制品をクリック。

青丸のところ、国の全送達条件を印刷、をクリック。

すると禁制品の一覧が出てきます。

アメリカ・ヨーロッパ各国などは、細かく禁制品が設けられています。

送る前に必ずチェックしましょう。

とくにオーストラリアなどは、禁制品のルールが細かいようなので注意が必要です❗

例えば、ドライフラワーやポプリなどが禁制品として挙げられています⚠

せっかく送った荷物も、宛先の国や地域の禁制品だと、戻ってきたり、関税で没収されてしまうこともあります。

しっかりと宛先の禁制品をチェックしてから送ることが大切です。

まとめ・海外には送ってはいけないものがある!

海外へ販売する際は、禁制品に気をつけましょう。

特にハーブ系や薬品系などは注意が必要です💡

アンティーク・ビンテージ(古着など)がダメな国もあります。

国によっては、食べ物や野菜の絵が書いてあるダンボールなどもNGです。

ダンボールなどを再利用して送る際には気をつけましょう。

海外発送用のダンボールは、こちらの記事で詳しくご紹介しているので合わせてどうぞ。

海外発送の荷物の大きさって?国際郵便で使えるダンボール種類別まとめ

2018.06.04

また、国際郵便の発送方法には種類があります。

詳しくはこちらの記事をどうぞ。

【保存版】郵便局の国際郵便の比較とまとめ。予算別・種類別にご紹介!

2017.09.02

トラブルなく荷物が届きますように!(╹◡╹)

オススメ関連記事

▼私の経験から、国際郵便でトラブルの多い国をまとめました。

国際郵便の利用歴3年目の私が選ぶ【遅延トラブルの多い国】

2017.09.03

▼Etsy販売で役立つもの。配送や梱包で使う、オススメアイテムをご紹介しています💡

【 ネット販売で役立つアイテム18選】販売歴3年目の私が使うものをご紹介!

2017.12.12