海外へ安く、しかも安全に荷物を送る方法は断然●●がオススメ!!

こんにちは、国際郵便を3年利用しているRisuです☺

こちらの記事では、海外へ荷物を安く、そして安全に荷物を送る方法をご紹介します。

海外へ安く送る方法として、船便を想像する方も多いかもしれません。けれど、おすすめしたいのはSAL便という方法を使った送り方です!

「なるべく安く送りたいけど、紛失や盗難が怖い!」と悩んでいる方に、おすすめです。

それでは、詳しくご紹介していきますね(╹◡╹)

海外へ荷物を安く送る方法

海外へ安く荷物を送りたい場合、選択肢は2つあります。

一つは船便。貨物船を利用して、荷物を送ります。

もう一つがSAL便(サル便)。あまり馴染みがないかもしれませんね。SAL便では、航空機の空きスペースを利用し、日本から相手国までは飛行機で送られます。

船便はどんな方法よりも安く送れますが、時間がかかり過ぎるのがデメリット。

SAL便は、船便より少し高いですが、早く着きます。

例えば、東京からアメリカのカリフォルニアに荷物(1kg)を送る場合。

  • 船便は770円。アメリカ本土に到着するまで2ヶ月かかります。
  • 対してSAL便は、1,080円。カリフォルニアまで2週間で着きます。

 

時間的余裕があれば、船便。もう少し早く着いてほしい場合は、SAL便がおすすめです。

特に2kg以下の荷物の場合は、SAL便の小型包装物(small pocket)が安く遅れます!

日本郵便のHPから、詳しい値段の比較をチェックできます。>>料金・日数を調べる

送り先・荷物の重さによって値段が変わるので、重さを測ってから調べましょう◎

安全に送る方法・SAL便書留付き

安いだけでなく、安全に送りたい方も多いのではないでしょうか❓

  • 荷物が今どこにあるか追跡したい
  • 万が一なくなったり、壊れてしまった時、補償してほしい

そんな場合は、SAL便(小型包装物)に書留をつけましょう!!

書留とは・・

  • プラス410円で追加できる
  • 追跡ができる(一部の国を除く)
  • 6,000円まで補償あり 

こちらが、SAL便書留用のラベルです👇郵便局の窓口でもらえます。

書留をつけるとこんな感じで、オンラインで追跡することができます👇

どこにあるのか分かると安心ですよね。

万が一紛失・・と見なされた場合。

配送代金+内容物の代金(最大6,000円)を返金してもらえます👇(振込み)

配送費に410円プラスするだけで、安全・安心に荷物を送ることができます。

配送費は抑えたいけれど、少しでも安全に送りたい!という方にオススメです。

注意点

SAL便の書留を利用する際、いくつか注意点があります。

1. 送れない国がある

SAL便の書留を使えない国があります💔

SAL便書留を使えない国

  • 韓国
  • ドイツ
  • フィンランド
  • デンマーク
  • オーストラリア    ・・・など

場合によっては、郵便局の窓口の方も知らない場合があるので、気をつけましょう💦

例え送れてしまっても、追跡・補償制度が利用できません🌀注意です!

一度オーストラリアに書留付きで出してしまったことがあって、410円を無駄にしてしまいました💔

詳しくは日本郵便のサイトから調べてみてくださいね。>>料金・日数を調べる

SAL便の項目のところに、「国際書留付き」の値段が表示されて入れば、送れるということです👇

2. 手紙はNG

SAL便では、手紙を入れて送ることができません。ただ挨拶など、メモ程度ならOKだそうです。

手紙はダメだけどメモは大丈夫・・線引きは難しいですが、短い文章なら問題のないことが多いです。

私はいつも、3・4行のメモを入れていますが、問題は特にありません💡

けれど、手紙を送りたい場合は、別で送ったほうが安心ですね(╹◡╹)

まとめ

海外に安く&安全に荷物を送りたいのなら、SAL便の書留付きが便利です。

荷物は30kgまでOK。2kg以下の場合は小型包装物として送ると更に安い!

専用のラベルに住所etcを記入するだけなので簡単です。どこの郵便局からも送ることができ、大体2,3週間で宛先に届きます。

  • そこまで急ぎの荷物ではない
  • SAL便書留に対応している

こんな場合は、SAL便の書留付きがオススメです。安心して海外に荷物を送ることができますよ(^ν^)

 

オススメ関連記事

▼国内の郵便とちょっと違うのが国際郵便。初めて海外へ荷物を送る方に、是非チェックしてほしいです。

初めて海外に荷物を送るとき注意すべき7つのこと。国際郵便歴3年の私がご紹介

2018.05.13

▼海外へ送る方法は、いくつか種類があります。どれを使えばいいか?メリットデメリットを含めご紹介していす。

国際郵便の比較とまとめ。Q&Aで海外発送の疑問にお答えします。

2017.09.02